結婚指輪を買った後は婚約指輪はどうしたらいいの?

結婚式まで婚約指輪を楽しんで

入籍を先にしても結婚式まで数か月期間が空いてしまうケースも珍しくありません。婚約指輪とは別に結婚指輪もすでに準備をしている場合は、どちらの指輪をつけるべきか悩みますよね。
結婚指輪は結婚式で指輪交換をした後に新郎新婦がお互いに身につけます。綺麗な結婚指輪のままで結婚式に臨みたいというカップルは、結婚指輪を購入したあとも、婚約指輪をつけて結婚式まで過ごすカップルが多いです。結婚指輪をつけだすと婚約指輪をつける機会はぐっと減ってしまうので、結婚式まで結婚指輪を大事に保管しておき、婚約指輪をつける機会を楽しんでもいいですね。
せっかくもらった婚約の記念の品なので、できるだけ永く身に着けて楽しみましょう。

重ね付けで手元を華やかに

せっかく入籍もしたし結婚指輪も購入したので、結婚式が来る前に結婚指輪をつけるカップルも多いです。特に婚約指輪は女性側しか身につけないので、入籍しても男性は指輪がないとなんだか実感がわきませんよね。
しかし、せっかくもらった婚約指輪をすぐにつけなくなってしまってはもったいない!ぜひ結婚指輪の上に重ね付けをして婚約指輪も楽しみましょう。家事や育児をしている場合は婚約指輪を外すことが多いですが、お出かけするときは婚約指輪を重ね付けをしてみましょう。婚約指輪は結婚指輪とは異なり、毎日四六時中する機会は減ってしまいますが、生涯の大事なジュエリーのひとつです。結婚指輪を購入したあとも、末永く婚約指輪も楽しみたいですね。